治療院の専門学校でホームページ集客を考えた

「治療院のホームページ集客効果はどのくらいですか?」

今日、就労体験で来ている学生に尋ねられた。彼は、治療院で働くための専門学校の生徒だ。知り合いに頼まれ、一昨年から受け入れている。ホームページ集客には力を入れていない。そう答えた。

私は治療院の専門学校に行っていない。治療院に住み込みで師匠について習った。寝る間も惜しんで懸命に修業した。だから最近の若者はいい加減だと、ついつい感じてしまう。

ホームページ集客という発想についてもそう。

ホームページ集客は治療院にとって本当に良い集客方法だろうか。

治療院の空間は、治療院側とお客様が共に作り上げるものだと、師匠から何度も教わった。そのためには施術者とお客様の間に信頼関係がなくては。だから、当治療院は紹介のお客様のみとさせて頂いている。

ホームページ集客では、初回きりで何となく合わないと感じただけのお客様がネットに悪口を書くことだってある。

治療院とお客様の信頼関係を築きやすくするため、治療院に所縁のある方の施術をしたい。

今日話した学生は、甘い考えもあるものの基本的には素直で真面目だったが、世間にはいい加減な気持ちで治療院の専門学校に入って止めてしまう学生も多いとか。好きでなくて続く仕事ではないからだろう。

今日の学生には、学校でしっかりと技術力と会話力を身に着けて欲しい。