整体の集客でもコンサルが必須!

整体の集客について、いろいろと思うところがあります。正直なところ整体って「黙っていても大丈夫。腕一本で勝負!」という世界かと思っていたのですが、現実には違うようです。整体だって客商売ですからね。さまざまな視点で、消費者に愛されるお店作りが必要なのでしょう。整体に集客するための宣伝手法はもちろん、「今の整体のいったいどこが駄目なのか」を的確に判断し、集客の方法を修正する必要もありそうです。

こういったことを口で言うのは簡単なこと。「集客に悩んでいる」と誰かに相談したときに、こんなアドバイスをされた経験がある方も多いはずです。しかし、自分の整体について、悪い点を客観的に考えるということは、実に難しいことです。整体で働いていれば、その風景はいずれ日常のものになってしまいます。ほかの整体とどこが違うのかを、知る機会だってそう多くはないでしょう。だからこそ、コンサルなどのサービスを利用するのも良いと思います。

コンサルとは、企業に対して専門的な知識を活用した上で、客観的に問題点を指摘し、業務をサポートすることを言います。個人で経営している整体にとっては、貴重な「外部からの目線」となるでしょう。整体を訪れるお客さんの意見を代弁してくれる存在、そして抱えている問題を解決するための具体的対策を教えてくれる存在でもあるのです。

コンサルなんて聞くと、「整体にはそぐわないのでは……?」なんて思う方もいるかもしれません。しかし今は、整体でもコンサルを利用するのはごく当たり前のことになっています。また、整体を経営していくための他のサポートとセットで提供されていることもあるので、一度コンサルについても検討してみると良いかもしれません。きっと集客につながるはずです。