地元に貢献することが、治療院の集客効果を高めるのにも必要

朝の掃除もいいのですが、その他に地元の治療院として、地元の方たちにもっと貢献できることはないのだろうか。それが集客効果につながる……と気付いてきた最近の私です。

そう考えた時に、治療院として地元に貢献できる方法っていろいろとあるなあと感じてきました。例えば治療院として地元の環境について目を配り、自治体へ足腰が悪い方の環境について提案などをしてみることです。

これは足腰が悪い方をよく観察していて気付くのですが、みなさん段差で本当に苦労していらっしゃるからです。健康な人にとっては何ということもない段差でも、足腰が悪いと本当に響くんですよね。自分がなってみないとわからないことって、本当にたくさんあるんです。

地元に貢献する治療院として認めてもらい、治療院としての集客効果をはかるならこんなところにも目を向けないといけませんね。

治療院をたくさんの方に知ってもらい、集客効果を高めてたくさんの方に治療院に来ていただくということは、たくさんの方に貢献しなければならないということ。もちろん日々の治療院での活動もそうですが、治療院以外での活動ももしかしたら必要かもしれません。

治療院の集客効果を高めるのは、なかなか簡単な道のりではなさそうです。治療院として地元にどうあるべきか、も集客効果を狙うなら大事なことですね。